20180213 コインチェック記者会見まとめ 大塚氏説明内容

コインチェックの公式記者会見での質疑応答をまとめました。(随時更新)

顧客資産について

・顧客の凍結した仮想通貨は手元にあると思ってよし。

・補償目処目処を示したいが、会社としてずれ無きよう報告がしたい。

・顧客資産の保全を前提とし、システムの安全を担保した上で再開予定

NEM補償の現金は対処可能。返 金内容は発表の通りで変更予定無し

・顧客の日本円は別管理して保存しているので返金可能

・現時点では仮想通貨での出金はできない

事業継続について

・破産のつもりはない、事業継続が前提で、金融庁登録も目処も立っている。

・【Q】損切も出来ない状況下で、いつ業務開始できるのか?

・【A】再開の見通しが出来次第、案内をする。」

・事業継続はする予定、金融庁への登録はする予定

業務改善命令について

・説明責任の所在含め、業務改善命令の内容は回答出来ない

・この2wksで外部専門家にセキュリティチェックを完了

・この2wksで事業継続をする前提で推進していた

顧客への説明について

・顧客への説明(原因発表、改善内容)は目処が立っていないが、する予定

・説明の目処は見えているが、正式に報告できるタイミングで顧客への説明実施をする

その他

・金融庁提出のBSの開示はしない予定

・【Q】社長不在はなぜ?【A】大塚氏が本件担当。責任

・【Q】他者との事業提携(救済)はあるのか? 【A】答えられない

・損害賠償に関しては現在確認中

 

 

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。