NEM(XEM)の解説をまとめてみた

「何に投資をしたら良いの?」とよく聞かれるので、自己責任の前提はありますが、NEMの紹介をします。日本で活発に開発が行われており、渋谷にNEM Barができるなど強いコミュニティが形成されています。私もRippleとNEM には注目しているので、一緒に見ていきましょう。
 

NEMの概要 

New Economy Movement略称で、現在はその略称ではなくNEMという固有名詞とされています。金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨(暗号通貨)のプロジェクトです。

通貨名はXEM

・仮想通貨単位はXEM(ゼム)
・総発行量は8,999,999,999XEMで、新規発行は無し
・ビットコインのようなマイニング(採掘)はなく、ネットワーク貢献者への報酬はハーベスティング(収穫)

ブロック生成間隔は約1分

ビットコインと比較するとブロック生成間隔が約1分というのはかなり早いです。
公式サイト:http://nem.io/ 

PoI(Proof of Importance)とは何か

ビットコインは金(電源やスーパーPC)を持っている人に報酬が偏りすぎました。
 
その反省を踏まえて、報酬設計がされています。仮想通貨では、従来の通貨とは違い報酬設計がまじで重要です。
 
アカウントにはインポータンス(重要度)というPoIスコアが付けられ、保有しているXEMの残高と、PoIスコアが高い(=NEMネットワークに積極貢献:利用や普及)ほどハーベスト(後述)に成功し、報酬が得られる確率が高くなります。

POIとは何か?の詳細

★以下は飛ばしても大丈夫ですが、要するに、金持ちだけに報酬与えないように、モチベーション設計と導入をしたNEMはすごい!
 
Proof of Importance、 Proof of Work、 Proof of Stake、これらは1つの共通点を持っています。それは、暗号通貨においてブロックが選ばれる順序を維持するための「アルゴリズム」であるという点です。
 
なぜNEMの「POI」が非常に革新的であるかを理解するために、まずはPOWとPOSがどのようなものかを理解する必要があります。
 
POWは実装された一番初めのシステムであり、ビットコインなどに使われています。これらの暗号通貨を「稼ぐ」ためには、コンピュータを稼働させてマイニングする必要があります。そのコンピュータが大きな電力を使えれば使えるほど、マイニングによって稼げる可能性は高くなります。
 
なぜブロックを生成するために、お金も時間もかかる方法にしたのでしょうか?それは、大きなコンピュータパワーが必要になるにつれて、ブロックチェーンへ攻撃が難しくなっていくため、攻撃者が労力をかけて得られる対価が割に合わなくなるからです。つまりブロックチェーンへ攻撃する動機をなくすためです。
 
今や、たった1つのCPUでマイニングをしても無意味です。高性能マイニング用コンピュータであるASICsのたくさんある部屋を持つ企業と戦わないといけないので、勝ち目はありません。
 
その他の問題は、お金持ちが高価なASICsを使うにつれて、そのお金持ちはさらにお金持ちになっていくだけ、という点です。つまり、富は不公平に分けられ、2014年に開始したビットコインはトップ1%保有者が全体の80%のビットコインを保有しています。彼らはあまりお金を使わないため、ビットコインコミュニティに貢献しているとは言い難いのです。
 
この問題を避けるため、POS(Proof of Stake)というシステムが導入されました。これはPeercoinという暗号通貨で最初に実装されました。従来のマイニングの代わりに、(電力ではなく)いくらPeercoinを持っているか、ということを指標に採用しました。
 
そうすることで、より多く・より古くからコインを持っている人が、次のブロック生成の機会を与えられる(つまり報酬が得られる)ため、コンピューティングパワーに必要な電力が多く抑えることができます。
 
しかし、ここにも幾つか問題があります。お金持ちが次のブロックを生成しやすく、そこでさらにお金持ちがさらにお金持ちになります。お金持ちがさらに豊かになっていくという問題は先ほどのPOWと同じです。
 
そこでNEMの登場です。
 
NEMの採用しているPOI(Proof of Importance)は、持っているお金だけでなく、取引をした額や、取引をした人も考慮に入れて報酬を与えています。つまり、NEMネットワークを積極的に使う人が、利益を得られる仕組みになっています。この仕組みが優れているのは、「富の分配」の点です。
 
NEMのネットワークに貢献した人は誰でも基軸通貨であるXEMを手に入れることができます。誰でも平等に機会を与えているのです。主な目的は、「世間一般の人」に力を与えることなのです。
 
この報酬制度は、「ハーベスティング」を通じて行われます。ハーベスティングとは、ノードがブロックを計算して、ブロックチェーンに追加するプロセスのことを言います。 このバーベスティングをするには、Vested balance(権限の与えられた残高)が10,000XEMを超えている必要があります。

Vestingとは何か?

要するに、自分のパソコンでコツコツとXEMを収穫できる仕組みです!Bitcoinのように、大きなPCや電源を必要としません。
  • XEMを自分のアカウントに入金し、24時間後、残高の10%がvestedされる
  • さらに24時間後、vestedされていない残高の10%がvestedされる
  • XEMがウォレットに入っている間は、このサイクルが繰り返される
  • 取引をすると、vestedとunvestedの割合を変えずに、両方のコインが取引に使われる
このvestの仕組みによって、信頼度を測ることができます。信頼度を高めるには、長い間コインを保持していたか、コインを多く保持している必要があるからです。例えば、100,000XEMを持っていたとしても24時間後のvested XEMは10,000XEMとなります。
 
一度十分なvestedコインを持ったら、ローカルハーベスティングか、委託ハーベスティングで、マイニング(NEMではハーベスティングと呼ぶ=Bitcoinのマイニング)することができます。
 
ハーベスティングをするには1万XEM以上の残高が必要で、さらに日を追うごとに少しづつ上昇していく「既得バランス」が1万XEMを超えてからようやくハーベスティングに参加できる資格を得ます。

なぜ委任ハーベスティングはPC電源オフでも可能なのか?

デリゲートハーベスティングでは、実際にハーベスティングを始める前に、NEMブロックチェーン上にトランザクションを送信します。このトランザクションは、自分自身のアカウント(以降、「本体アカウント」)が保有するImportanceを「代理アカウント」にマッピングします。これにより、代理アカウントは本体アカウントが保有するImportanceを利用して、ハーベスティングに参加することができるようになります。

スーパーノードとは

 
★飛ばしても大丈夫ですが、要するにNEMをすっげえ持ってると報酬ゲット!
 
  • スーパーノード(SN)とは、通常ノードの上位版
  • 但し、スーパーノードになるには、300万XEM以上の保有
  • 常にチェーンが同期されていること、
  • 最低秒間2000回繰り返しでハッシュ可能であること、
  • NISのバージョンが最新であること、などの条件があり、
  • 1日に4回のチェックにパスすると報酬をもらうことができます。
  • 報酬は山分け方式:Sustainability Fundというファンドの一部から、2016年6月1日の開始時は70,000XEM/日、2016年9月からは140,000XEM/日の報酬が割り当てられている
 

Nano Walletでハーベスティング

 
Nanowalletは、NEMとmijinとの両方で使用できるオープンソースとして公開されたマルチプラットフォームのウォレットアプリケーションです。

NanoWalletで委任ハーベストを設定する方法 

 
※画像はNano Wallet BETA 1.3.0 

XEMとBTCやETHとの違いとは何か?

★飛ばしても大丈夫ですが、要するにNEMは「安全」で「堅個」で「安定」です!

安全(SECURE)

  1. ノードの重要性を評価するためのアルゴリズム 
    「EIGENTRUST++」を使った世界初のプラットフォーム
  2. インフラサーバとクライアントの2層設計 
    -ネットワークを使うためににブロックチェーンを同期するが必要ない-
  3. 局所的スパム防止の手法により、スパムノードのみをシャットダウン可能
  4. スーパーノードプログラム 
    スーパーノードに報酬を与えることで、ネットワークを何年も維持する動機を与える

堅固(ROBUST)

  1. コーディングをすることなく、ブロックチェーン上に信頼なしのマルチシグネチャアカウントを作成できる
  2. 「ネームスペース」を使うことで、アドレスを使わずXEMを送れたり、独自のコインを作成できる
  3. 「モザイク」と呼ばれる独自のコインをNEMブロックチェーンに作成し、トークンを発行できる
  4. 暗号 / 非暗号 / 16進数 のメッセージを使用することができる
  5. 小型コンピュータでもハーベスティングによって報酬が得られ、NEMネットワークが維持される

安定(SOLID)

  1. 100% 独自のコードで書かれており、ビットコインからの派生でない
  2. PROOF OF IMPORTANCEによって、電力や資本量でネットワークを維持するわけではない
  3. ネットワークを利用するための使いやすいAPIを提供
  4. 細かい設定なしに、基軸通貨である「XEM」を使って、小さなトランザクション手数料を払うことができる
  5. 拡張性と安全のためのインフラサーバ(NIS: Nem Infrastructure Server)を誰でも動かすことができる

NEM.io財団