【書評】コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術〜上司とのコミュニケーション上手になる方法〜

入社数年目の時、とても辛くありませんでしたか?新卒や転職したての時は、新職場での文化や、環境の暗黙知を把握しながら仕事で付加価値を提供する必要がある。新人の場合は、仕事経験がないので特にストレスも多いと思います。
 
その背景下で、仕事を効率よくバリバリこなすためにどうすべきか?というのに最適な指南書があります。
 

【目次】

  • プロローグ:落ちこぼれだったぼくの人生を1年で変えた「7つの仕事術」の誕生
  • 第1章:学びをすべて自分の力にする「指摘のドラフトメール一元化」
  • 第2章:次々に大きな仕事を任せられるようになる「魔法の一言」
  • 第3章:成長を劇的に加速させる「目標設定4点セット」
  • 第4章:自分の頭で考えるための5つの「パワーワード」
  • 第5章:「スケルトン作成」から始めよう
  • 第6章:上司に好かれるためにすべき4つのこと
  • 第7章:仕事の効率が3倍になる「最強のTodoリスト」
  • 巻末特典:純ジャパのぼくが英語でバリバリ仕事をこなすためにしたこと
 
ネタバレしないように、とても印象に残ったことをまとめます。 

プレゼン資料のスケルトンとは!?

企画や提案のプレゼン資料を、いきなり制作していませんか?直ぐに資料作成作業に入っても時間がかかる一方です。まずは、ストーリーを一度構築して、その展開で良いのかをチームで確かめながら進めるべきです。そもそも、ストーリーが同意できないと、資料をいくら制作しても無駄ですよね。
 
本書では、「スケルトン」という名で、エクセルに予めストーリー展開や内容を書き、全体像を作成することを勧めています。私も実際の仕事では、エクセルにストーリー構成を羅列し、それをマクロでポンとクリックして全体像をパワポに自動で落とし込み資料制作します。
 

マクロはコチラ

ストーリーを崩さずに空前絶後の説得が出来るようになる!超絶怒涛のパワポ資料作成法

 またいきなり「相手にアクションを起こして貰えるストーリーを作れ!」と言われても、普通はピンとこないしょう。情報収集を日頃から行い、勘所をつけておくと良いです。また、いきなり情報収集を開始するのではなく、仮説ありきで情報収集すると圧倒的に作業時間が違うので、必ず「仮説構築」して情報収集を進めましょう。

 

仮説の作り方についてはこちらをどうぞ

自分の頭で考えるための「情報収集方法」を一挙公開

 「聞いた相手に行動をおこさせること」を目的として資料を作成しましょう。 

英語について

爆速で英語を勉強するためにすべき事を紹介してあります。
目から鱗なのは外国人のスピーチである有名動画のTEDを書き取りしていくという事。ヒアリングをしながら単語を覚え、自分の好きな動画・講演内容まで学べてしまうというかなりお得で無料でできる勉強方法です。これは真似をしてみたい勉強方です。

英語学習者が事前に知るべき内容はコチラ

【英語学習者必見!】急に「外国人」と仕事をする事になったあなたへ

上司との関係性 

本書に出てくる上司はとても厳しそうです。一方、このおかげで著者は圧倒的に成長できたと思います。本書に記載はありますが、過去に大変な苦労の経緯ファあったようです。上司と旨く行く人って、羨ましいですよね?早く仕事も進み、評価も上がり、結果、昇進します。
 
その方法論も具体的に記載してあります。
 
例えば、
  1. 上司をランチへ誘う
  2. 上司の武勇伝を聞く(相手の事を知ろう)
  3. 上司への質問はYes, Noで答えられるクローズドクエスチョンにすべき。
実に具体的でわかりやすい!これなら明日からできそうです。 

上司とのコミュニケーションについて

私の見解として、職場のストレスは大半がコミュニケーションで、その内の大部分が上司です。上司とのコミュニケーション改善が仕事の成果の決定要素といっても過言ではありません。グーグルの実験で「心理的安全性」があるグループと無いグループでは生産性が大きく違うという結果があります。コミュニケーションが活発で健全だと生産性にも影響するということです。
 
私は積極的に上司と話すタイプではなく非常に苦労しました。積極的に飲みに行かず生意気ですが仕事はできないようなとても面倒くさく「かわいくない」やつです。それを踏まえた上で、ダメな部下なりに、反省と改善を繰返し編出したスキルを紹介します。

上司と旨くいくときのメリット

  • 評価が良いので昇進が早い
  • ストレスが減り、会社外で引きずらない
  • 仕事が進みやすい
  • 結果、早く帰れる

 上司とのコミュニケーション下手の私が編み出した、相手をホグしストレスを減らす方法4 

1:「XXXさんに相談なのですが・・」という単語を使う

本書ではXXX「さん」と付けようと紹介がありました。同意です。「さま」とか「部長」とかよりは親近感があります。
 
さらに、相手を敬う単語「相談」。これを使われると頼られている気持ちになるので、無下にはできなくなります。「相談がありまして・・・5分だけお話聞かせて頂けませんでしょうか・・」とすれば、「嫌です。。」とはなりにくいです。

2:相談時にしゃがんで相手より目線は低い位置から聞く

 相手が席に座っている際に質問をする場合です。コチラから歩いて伺い、自分のほうが目線が高くなっていませんか?心理的にあなたのほうが上なんです。とするために、しゃがんで「殿/姫、ご相談が・・」と言う体で臨んでみましょう。 

3:個人的な話を作り上げる

結局の所、仕事以外の話をして相手のことを知る。というのが心の扉を開くのに一番早いと思います。この手段として本書では武勇伝を聞け!と指南しています。個人的な話とは、
  • 趣味
  • 家族
  • ペット
  • 出身・同窓
  • 共通の知人 
色々な話題があると思います。今の時代なら相手のSNSを徹底調査することも可能ですし、有名人であればブログもあると思います。立ち入った話をされるのが嫌いな人もいるかと思いますが、自分が好きな話をするのが嫌いな人はあまりいません。少しだけ聞いてみて、面白そうであれば、またぜひ聞かせてください!と自尊心をくすぐりましょう。

4:相談後に必ず報告と御礼

「XXXさんのおかげで、YYYYになりうまくいきました!ありがとうございます!」と必ずプロセスを「報告と御礼」してみましょう。報告という単語も相手が上っぽく聞こえて、「よしよし俺に報告か。気分えぇやないか。ふむふむ」的な快適な感じがします。

とにかく面倒くさい事は最低限に

4つのような技術もありますが、そもそも、部下から「これはどうすれば・・」「どうしましょうか?」とすべてを聞かれ部下のタスクまで全てをやらなければいけなくなると、上司は「面倒くさい、時間がない」となってしまいます。
 
本書では、下記のように表現されています。
 
上司への質問はYes, Noで答えられるクローズドクエスチョンにすべき。
 
なので、「ここまでは自分で考えられたのですが、A,Bのような改善策があると思いますが、どちらが良いでしょうか?また、見落としやアドバイスなどはありませんでしょうか?」と、問われれば0から考える必要がないので上司も楽だし生産的です。
 
他にも、雑務や誰もが面倒くさい事をすべて引き受け、美味しい所だけを上司に献上していけば、上司側はとても快適なので、「任せてみようかな」という気にもなリマス。上司も人間なのでその辺をくすぐりながら仲良くすることを心がけましょう。

私の背景

自分も新卒で入社した会社で上司と合わず、超絶苦戦しました。今でも夢に出てきて嫌な気分がします。当時は仕事がわからないので聞く以外ない環境です。自分で考えろと言われても、当然右往左往です。OJTというご都合主義で、現場で荒々しく育てる、結局「誰も教えてくれない文化」で育ちました。
 
そんな、超絶効率が悪い環境下で見出した、ペーペーでも上司との間で旨い事生き抜くスキルセットです。よくある話としては、業務時間外でのアクティビティつまり「飲みに行く」があげられますが、私は基本的にお酒を飲まないのでこの選択肢はありません。誘われても、その人が面白そう出ない限りいかないという非常に閉鎖的な人が編み出したスキルです。

条件(ゲームのルールなので覚えましょう)

会社組織は上司(他人)が評価を決める

人が人を評価することが正しいかどうかは別議論として、このルールをきちんと把握したほうが良いです。 

上司がすべて正しい訳では無い

これも事実です。そのため、理論武装して反論しなければいけない時もありますが、上司のシバき過ぎは絶対によくないので辞めましょう。(特にロジカルシンキングを手に入れた後!気を付けましょう)真摯に結果を出すほうに注力しましょう。口調や提案内容は柔らかく、丁寧に「違う視点もある事を付け加える」形にしておきましょう。

コミュニケーションまとめ

他にも上司や相手の懐に飛び込む技術は多くあると思います。往々にして人間は話せば、お互いわかりあうことが多いです。人間は大体「コミュニタリアン」なので「自分のコミュニティにいる安心できる人」になってしまえば、解決の一手となると思います。ぜひ相手と積極的に会話をするようにしてみてくださいね。
 
※コミュニタリアン=ブレーキの無いバスを運転し、2グループの内、どちらかのグループを轢かなければならないとき、グループが同人数であれば「同族」を取ることで有名ですね。
 
話してみると「あ、やっぱりこの人頭おかしい」とか、「この考え方が嫌いなんだよな、でもこっちの話は同意見だ」等、違いを明確化して、何が自分との相違点なのかを見出すことが出来ます。

コミュニケーションが上手くいかない時

心理学の用語でジョハリの窓というものがあります。「自分」と「他人」の「未知」「既知」の4つをマトリクスにしたものです。これを念頭に置き会話してみましょう。コミュニケーションがうまくいかない時は、お互いに暗黙知や、未知情報、前提条件が食い違うためです。ぜひ参考にしてみてください。
 
 
相違や課題が見つかってしまえば、その課題の解決策や打ち手を実行するのみです。何が合わないのかわからない。といった状況からは前進ではないでしょうか?ぜひ上記を頭に入れながら、相手とは何を共有し合っているのかを確認しながら、会話してみてくださいね。前提がずれていることが沢山あるという事を理解できると思います。

最後に

本書は、仕事を始めたて、初心を取り戻したいビジネスパーソンにとても良い処方箋です。コンサルティング現場だけでなく、凡ゆるチームプレーや、ビジネスの現場で生かせる方法が多々紹介されています。 吸収力、主体性、目標設定力、思考力、生産性など、基礎として必要なスキルを現代の技術やTipsを用いながら紹介している良書でした。
 
 
そして、著者のShinsさんは、同じような問題意識を持った人たちに対して、サロンという形でコミュニティを形成されて居ます。同様の考えを持つ方々との交流からも学べることがあるかと思いますので、ご検討をされてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。