ストーリーを崩さずに空前絶後の説得が出来るようになる!超絶怒涛のパワポ資料作成法

今日はストーリーを崩さずにパワポ資料を作成して、戦略構築や、具体的な提案・説得が出来るようになる、パワポ作成用の超効率的なツールの活用方法についてご紹介します。このストーリー制作メソッドで、資金調達、助成金合格もしたので、そこそこ的を得たストーリー制作技法です。
  

 
パワポ作成は、メチャクチャ大事ですが、おそらく9割以上の方が時間がかかっているのではないかと思います。

下記のように仰っている方もいました。共感される方も多いのではないかと思います。

・パワポで資料作成していたら気が付いたら残業時間で、社内で一人になっていました
・一生懸命やっているのに、時間がかかってしまいます
・やればやるほどこだわりが出てきてしまいます
・細かいことに気を取られてしまい、大局を見失ってしまう事もあります
・夜通しやったのに翌日上司に叱られた
・頑張った努力が無駄無駄無駄無駄
 
 
 
上記の通り、努力が無駄になる事、良くありますよね。気合と根性でやろうと思えばやれるのですが、時間が無駄な事も多くあります。
 
しかし、パワーポイントの作成に時間をとられすぎると、本質である提案内容を考える時間がなくなってしまい、クライアントに対するバリューを提供したり、思考を巡らせる時間が減ってしまう可能性が高いです。
 
今回は、こんなお悩みを一掃する超効率的なツールの具体的な使い方についてみていきましょう。
 
 
 

普通のパワポ作成は、下記のような課題があります。

1つずつスライドを作るため、ストーリーラインが崩れる
説得のアイデアやを考えるよりも制作自体に時間がかかってしまう
スライドごとにフォーマットが崩れてしまう
制作に時間がかかると、残業が増えるので仕事のできないやつだと思われてしまう
詳細に、こだわりすぎて時間がなくなってしまう
作業に追われ土日も時間をとられてしまう

このような気持ちはよくわかります。

いくつか、プレゼンストーリー、パワポ制作本も読んだのですが、結局フツーのフォーマット+精神論でほとんど意味がありませんでした。

もしマトモなパワポ制作のノウハウ、メソッドを持たず、資料作成に時間を取られ、

仕事を続けていたらどうなるか、ちょっと考えてみましょう。

 

昇進できなくなる

いくら年功序列が激しい会社でも、入社してから4-5年後には評価によって昇進速度が違ってきます。

コンサルティングファームは、最初の昇進はだいたい2年目にやってきます。

優秀なコンサルタントであればそのタイミングで昇進できますが、資料作成ができず、時間がかかりまくっていると、マネージャーからの評価も期待を超えることができず、アソシエイトのままです。

コンサルティングファームによって差はありますが、アソシエイトとマネージャーの間では、約200万円ほど年収に差が出てきます。一日に換算すると、約5,400円ですね。

 

仕事が終わらなくなる

コンサルティングファームの仕事は資料作成だけではありません。

クライアントのヒアリングや、アンケート調査、業界のリサーチ、課題解決策の提案、実行、導入支援などなどナド多岐にわたります。資料作成ばかりに時間がとられると、本業である課題解決に時間を割くことができません。

資料作成はある意味ダレでもできるシゴトです。いわゆるコモディティーです。最悪の場合クラウドソーシングで外注することもできます。

私の経験ですが、プレゼンのアウトラインを作るのに、骨子である仮説を作ってから、詳細の調査を実行するのと、調査をしてから骨子を作るのとでは、1日で終わる仕事が2日以上かかるということを経験してきました。

あらかじめ仮説を持っているため、チームやマネージャーと一緒に協議をすると、仮説の段階で、あっているところや間違っているところがわかるため、調査に入る前に改善すべき点が把握できます。

 

自分の時給を3,000円と仮定し、8時間が浮く計算になるので、24,000円も得をするということです。

 

空いた時間を使ってさらに評価アップのために仕事をしてもいいですし、自分の趣味にあてるのも良いでしょう。

さらに仕事を改善するためのプログラミングをしても良いと思います。そしてますます自分の時間を使わなくても仕事が。ように改善していくべきです。

 

上記をあわせた結論として、まともな仮説思考の考え方とパワポ制作メソッドを使って仕事をすることができれば、あなたは一日当たり約3万円もの効用を得ることができます

 

毎月だと、約3万円✖️10日分がうく計算なので30万円、年になおすと360万円以上ですね。

 

自分自身への時間という最大に貴重な資源を次への投資に増やせるという副次的なメリットもあるので、360万円をはるかに超えているメリットをこのパワポ制作メソッドから得ることができています。

※Windowsでのみご利用ください。
当方はExcel2010,PPT2010で動作を確認しています。

 


以下で、その中身について説明します。

このパワポ制作メソッドを、Excel2PPTと名付けたいと思います。

言わずもがなですが、Excel からPPTに変換できるため、この名前にしました。
 

Excel2PPTパワポ制作メソッド +仮説思考で全ての悩みを一掃

具体的には、

・エクセルに仮説を一覧化しストーリーを制作して、

・全体感を設計し最適にチューニングされた骨子を完成させ、

・チームで初期仮説の最終合意をしてから、

・詳細のパワポ制作や部分的な調査やミクロ情報を追記する

 

ことで、すべての悩みを一掃することに成功しました。具体的に見ていきましょう。

 

 

Excel2PPTパワポ制作

 
※Windowsでのみご利用ください。
当方はExcel2010,PPT2010で動作を確認しています。
 
ぼくが活用しているExcel2PPTパワポ制作は、下記のようなカラムを用意しています。
仮説思考で、まずは解決したい課題や提案したい内容の初期仮説をどんどんセルに書き込んでいきましょう。
 
 
具体例を見てみましょう。
 
 

1:PPT選択ボタン

このボタンでパワポのテンプレートを教え込みます。
(購入頂いた方にサンプルのテンプレートを付属しますので安心してください)
 
 

2:エクセルに転記したい文字を書き込みます。

(列A~D)

 

3:転記

このボタンを押すと、エクセルのセルに書き込んだことが、パワポの指定位置の文章枠にはめ込まれます
 
 
 
 
このツールの良いところは、パワポのページを一枚ずつ送って、タイトルや文章内容を記載しなくても大丈夫な所です。
エクセルで全体像の一覧をみながら、グランドデザインであるストーリーを眺めて、変更箇所や修正個所をセルに直接書込んでいけば、それぞれのスライドに詳細を書き込めます。
 
エクセルのセルをチューニングしたりコピペしたりを繰り返すことで、提案自体のストーリーデザインを楽に実施できます。
 
行の数だけ、スライドの枚数が増えていきますので、
 
5行なら5スライドが作成
10行なら10スライドが作成
N行ならNスライドが自動で作成 されます。
 
勘の良い方はストーリーデザインを練りに練った所で、ストーリーを支える詳細の情報が仮説と違った場合に、また改めてストーリーを最初からリデザインし直さなければならないのではないか?と思っているかと思います。
 
もしそうなったとしても、このエクセルでもう一度ストーリーをチューニングし直せば、ボタンをクリックするだけで、パワポがもう一度できます。あとは調査した部品や論理をはめ込んでいくだけです。
 
最終的にはPPTの方で全体を見ながら前後スライド順番を変えるのも良いでしょう。
 
 

※Windowsでのみご利用ください。
当方はExcel2010,PPT2010で動作を確認しています。
 

Excel2PPTパワポ制作メソッド +仮説思考で資料作成を超効率化しよう

 
Excel2PPTパワポ制作メソッド +仮説思考 、ぜひ一度作ってみてください。これのメリットはこんなかんじ。
  • 上司やチームメンバとのコンセンサス共有が楽になり、ストーリーズレやお互いの仮説ずれがなくなる
  • ストーリー構築の認識ずれはエクセルの一覧を見ながらチューニングしておけば、結論が出てから「前提が違うからやり直し!」と、ひっくり返されることがなくなるので、振り出しに戻った時の時間ロスがなくなる。
  • 仮説のストーリーが共通認識になっているので、無駄な情報調査が減り、不要情報は調べなくても良い
  • 不要情報調査がないので、偶然見つけてしまった不要情報が面白くて帰ってこれなくなる、という情報溺死なくなる
  • ストーリー全体像が一覧化されているため、チームが未調査の部分がどこか可視化されているので情報の重複がなくなる
  • 「次何を調査すればいいんだっけ?」という混乱の時間がなくなる
  • お金に換算すると年になおすと360万円以上のメリットがある
  • プレゼンが多い人は時間的ベネフィットがものすごくでかい!
  • え?そのマクロ何それ!欲しい!と言われて、ドヤ顔できる。
 

「資料作成がもっと効率化できたら・・・」「チームの生産性をもっとあげて、遊びに行けたらどんなに楽か・・・」と考えている人、気持ちはよくわかります。

しかし、そう考えているだけ、適当なビジネス書や小手先のtips集を読んでいるだけでは、残念ながら何も変わりません。

本当に有用な武器であるツールを用い、それを通じて実際に行動を変えていくこと。

 

手当たり次第に手を動かさず、一度、仮説を立てながら、全体思考を持ってストーリーを先に構築するスキルを先に養うと、人生で時間をより捻出可能になります。

 

仮説や、ストーリーの絵をたくさんかける人が、構想力という最強の果実を得ることができるため、仕事ができるようになり、できるようになると、より情報が集まり頼られるようになり、最後は会社を掌握。。。

ぜひ、おしゃれなランチ程度をあなたの一番大事な資産である時間を生み出すツールに対して投資していただき、最強の仕事の果実を手に入れて、ワークライフバランスを整えてもらえれば嬉しいです。

 

闇雲な資料作成に溺れて、人生の時間を無駄に使い、疲弊してしまう現実をすぐさま変えるために、最強Excel2PPTパワポ制作メソッドを活用してみてくださいね。

※Windowsでのみご利用ください。
当方はExcel2010,PPT2010で動作を確認しています。
 
 
 
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。