【書評】エクセルでWEB上にあるデータをかき集めるプログラミングを習得できる本

今回の紹介はこれ!

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術

背景

  1. プログラミングをやろうとしてもどこから手を付けてよいのかわからない
  2. 仮にかったとしても、環境構築(Mac買わなくちゃいけなかったり、サーバー設定したり、何かを取得しなくちゃいけなかったりと)するのが、素人には大変
  3. れる人がいないから独学でやるも結局わからない

そういうことが続きなかなかプログラミングには縁遠かったのですが、

ハードウェアエンジニア魂を思い出しながら、開発にいそしんでみました。

 

エクセルならだれでも持っているのと、ググれば結構面白いマクロのサンプルが出てくる。

さらに、エクセルのマクロであれば、録画のような形で、簡単なものなら動くをプログラミングに変えてくれるので、とても楽。のはず。

ということで、マクロ開発(詳細はまた次回)してみることにしました。

 

色々な本を探しましたが、インターネットエクスプローラー(IE)と、エクセルのVBAを連結して、

WEBデータ取得(スクレイピング)するのに特化した本で非常に使えました。

さて、一体何に使うのでしょうか?

 

実現したいこと

プログラミングを学ぶのひに1番良いのは、これを実現したい!という事があることだと教わりました。

自分の場合は、WEBサイトの情報を収集するのに、コピペを繰り返すのがめんどくさいようなことが多く、

一気にデータを取得したいな、と思うシーンが多々あったので、WEBスクレピングという言葉でググりまくって学んでいたらこの書にたどり着きました。

 

できるようになること

  • WEBページに記載している情報を一気に取得
  • 1ページだけでなく、複数ページに飛びデータを取得
  • ページ内のリンクのPDFをダウンロードしまくる。
  • 営業先アタックリスト作成
  • クラウドサービスでアウトソースする先の、候補先リスト作成
  • Real timeでおきるCase Studyを解くための Fact findingsの際の効率化

 

学び

本書を読めばすぐにできるようになるかと言えばならないが、マクロで取得できるという武器を持っておくと圧倒的に時間短縮につながる事を体感。

特に戦略を練る際や、データをたくさん取得して判断をしたい、戦術を執行していきたい時などに重宝します。

スクレイピングには規約や協定などもあるので扱いには注意が必要です、が、とても便利です。

 

自分で1から開発することも大事ですが、チューニングして使いこなせるレベルでも十分に武器になると思います。非常にお勧めです。

VBAでIEと接続すると・・・

大志は現実化する!

 

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。