Final Cut Pro XでVR・360度動画を編集出来る環境にする無料プラグインまとめ

動画編集で360度の動画にロゴを加えたり、編集したくなりませんか?macの動画編集ソフトはFinal cut Pro X (FCPX)で可能です。FCPXでVR動画、360度動画を編集する方法について調査した結果を記録しておきます。日本語で検索しても中々出て来ず、英文を利用してます、大きく3ステップあります。(多少不備もあるかも)
 
 

テストサンプル

雑にテストしましたが、Final cut Pro XでもVR動画が編集できています。じっくり編集をすればイケてる動画ができそうです。
 
 

前提:リコーシータ⇨エンコードの参考手順

編集:メタデータ追加までの手順参考URL

 

1:360VR動画をFinal cut Pro X上で、回転シフト編集時のプラグイン

まずこのプラグインインストールし、VR動画を上下シフト可能に

 

2: FX Factory Pro をインストール

くるくる回している解説動画(英語)を見て参考にしました。
 

FX factoryインストール手順英語

この部分↓
 
 

FX factory インストール後

上記の「Step3」部分、「Dashwood 360VR Express」をインストール。
以下から、360VR Expressを探してインストール。
 
 
インストールできると、Fincal CuPro Xの中に、HMD用の加工フィルターや、画像を挿入できるフィルターが出来上がる。
 

3:FCPXで編集

「Dashwood 360VR Express」を利用

画像挿入は、「Dashwood 360VR Express>Project 2D on Sphere Expressで可能」
 
 

■4:最後にタグ付け

VR動画編集後、リコーのソフト「Spatial Media Metadata Injector」で、タグ設定。
 
 
★(top/bottom layout)にはチェックを入れない!
で、そのデータをYoutube へアップすることで完了。
 
後は思い思いの編集をして楽しむのみ!
 
 
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。