【英語学習者必見!】急に「外国人」と仕事をする事になったあなたへ

あなたは過去に、外国人との仕事やコミュニケーションが上手くいかず・・・

  • 対話を誤解し大損をした
  • 毎回、自分が作業をおしつけられる側に・・・
  • 英語力が原因で外人上司に「年収アップの事」を言い出せなかった
  • 文化や習慣を知らず、気づかぬ内に怒らせてしまった
  • 目を見て話ていたら、実は失礼だった

これらは全て外国人と働く際の、相手国の文化を知らないが故に起きています。

外国人と仕事をする上で絶対に必要な、意図的に「外国人を動かすスキル」について勉強していきましょう。

グローバルキャリアを目指す人へ

現在、外資系企業、商社、輸出入事業など、外国人と仕事をする方は必見です!読むと絶対に損しません。断言します。

なぜなら、実質無料で読めるからです。是非最後までお読みください。

そうでなくても、これからグローバルなキャリアを描く人はこれを機会に、ぜひ吸収して貰えると将来役に立つと思います。 

本書は、外国人の心を開かせ、仕事を成功させる、多くの外資系企業を支えた集中講義を日本語にしたものです。 

「目を見て話すべきと教わってきたのに、失礼だったなんて・・。」

「座席中央に座る人が意思決定権のある人だと思っていた・・」

「各国で意思決定プロセスはここまで違うなんて・・」

そうです、日本の常識は世界の非常識である可能性があり、知らないと損をしてしまいます。

 

知らないでは済まないレベル、それが外国人とのプロジェクト

もし、あなたの仕事がこのようなものだったら、いかがでしょうか?

  • 仮にもし今回の案件が1000億円で石油プラントを受注するプロジェクトだったら?
  • Fotune上位企業顧客のExecutiveへのプレゼンで会社の未来が決まるとしたら?
  • 外交官同士で実施する貿易不均衡の是正交渉で国を背負っているとしたら?

このような背景があっても、外国人との交渉に、何の準備もなく望むでしょうか。日々の仕事も同じです。

相手の出身国の文化や背景を把握せず、不利な状況で交渉に臨んでいませんか?

意図せず相手のタブーに触れてしまい気を悪くさせてしまっていませんか?

世界各国で交渉の背景にある事情、文化や歴史の裏側を把握しておかなければ、損失のレベルは計り知れません。 

 
「外国人を動かす」シリーズを読むメリット

本書を読むと各国のビジネスパーソンとの交渉で段取りが良くなり、関係構築が上手くできるようになります。

コミュニケーションが円滑になるため、相手を理解し、双方の利点を目指した交渉ができます。

交渉術をベースにしてリーダーシップを発揮し相手に影響力を与えれば、ビジネスで成果を出せ、収益につなげることができます。

本書を読み交渉を学ぶことで、あなたは昇進できるようになり、外国人や、さらには異性とも仲良くなることができるでしょう。

具体的には、以下を習得できます。

段取力

ビジネスとは事前準備である段取り力が全てとも言えます。双方の利点を見出すには事前調査し、相手も勝つ段取りを整える必要があります。

コミュニケーション能力

前準備をし交渉に臨むと、相手の関心事から開始でき、受容度が上がります。相手に気持ち良く話して貰う事で好かれることができます。

より良い関係構築スキル

相手の心が開いていれば、双方に便益のある情報提供が出来ます。 貢献を継続することで、信頼に値する関係構築ができるようになるでしょう。

リーダーシップ

信頼関係が前提にあれば、共通の目標への解決策を模索できます。 相手に友好的な影響力を与え、双方が有利になるリーダーシップを発揮する事ができます。 

成果、結果

相手に影響力を与え、双方に有利な解決策を見出せれば、 交渉は成功です。結果を出せば、昇進や、成績を上げることができるでしょう。

利益を上げられる

ビジネスにおける成功は、目に見えるお金や、目に見えない名声等がありますが、交渉上手は損をしなくなります。つまり儲かる確率は自然と高まるでしょう。

 

破格の値段設定にしてあります。

本書は国ごとに分けられ、構成されています。

Kindle Unlimitedに入れば、たったの月額1,000円です。

もしくは、初月登録時はKindle Unlimitedは無料なので一カ月の内に、仕事相手の国のコンテンツを読むだけで、無料で元が取れます。

23ヶ国分用意しているので、1カ国国だけでなく複数国をダウンロードして中身を読むことをお勧めします。各国の文化や事情、歴史、コミュニケーションの距離感等、差異が浮き彫りになります。

もし、1,000円で他にも読みたいコンテンツがあれば、それも読むことが出来ます。それでも、1000円は高い、と言う方には500円で1ヶ国分読んでみることをお勧めします。

外国の何を知るべきなのか?

外国人の同僚、部下、上司、客先と仕事をする時には、英語もさることながら、

  • 国民性
  • 文化
  • 背景
  • 言語
  • 感情
  • 歴史的背景
  • ビジネス習慣

を把握しておく必要があります。

 

どの国があるのか?

まずは、日本を読んでみて、内容の全体像をつかみ、自分の対象相手国のシリーズを読んでみましょう。

  1. 日本
  2. アメリカ
  3. ドイツ
  4. 中国
  5. フランス
  6. シンガポール
  7. イスラエル
  8. イタリア
  9. インド
  10. サウジアラビア
  11. 韓国
  12. インドネシア
  13. ブラジル
  14. 香港
  15. 台湾
  16. フィリピン
  17. オランダ
  18. イギリス
  19. カナダ
  20. スイス
  21. スペイン
  22. ロシア(アップロード予定)
  23. スウェーデン(アップロード予定)
  24. タイ(アップロード予定)

 

 

外国人を動かすための背景を理解して、外人とのPJTで成功を手に入れましょう!

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。