自己紹介(幸せな働き方を構築するキャリアと価値観について)

幸せに働く事ってできるのでしょうか?適宜に働きながら幸せに仕事をする。という事にたどり着いた考え方を記載していきたいと思います。
 
ロボットを売り散らかすベンチャーで働き、現在コンサルティングファーム勤務中の「スタートアップマーケティング」です。「何かをスタートさせ」て「マーケティング力」で普及していくのが特徴です。 
 

◼︎キャリアサマリ

  • 東証上場メーカーで技術開発エンジニア
  • ドイツの技術ベンチャーの日本法人を4人で運営
  • ロボットベンチャーで新規事業開発
  • 海外大学MBA取得
  • 外資系コンサルティングでイノベーションの研究
  • 上記の間、複数のパラレルキャリアを経験
ブログに訪問頂きありがとうございます、ここでは私の自己紹介をいたします。 

仕事の価値観

いきなりですが、私は仕事は大好きですが、労働集約すぎるのは苦手です。仕事のゴールとしては、モーレツに働く!ことよりも「50%が自力」「50%が自動」位の比率で、好きな仲間と収入を得て社会に貢献していくのが目標です。キャンピングカーで世界を旅しながらクリエイティブな仕事をして回るのが理想です。
 
私は新卒のブラック職場のおかげで半分鬱状態になりました(詳細下記)ので、働かずに幸せになる方法を模索してきました。しかし、働くことは「新しい人との出会い」や「達成感」「自己スキルアップ」「報酬」を得ながら、好きな活動を継続出来るという点で非常に良い仕組みなので、今後も楽しく働き、収入源を増やしながら社会に貢献したいと思います。
 
そもそも、幸せに働きながら生きることを両立することは可能なのでしょうか?
 
両立は可能です。MBAの授業で学部のですが、ハーバードの研究でも「幸せで金持ちになる」と言う論文があります。この記事では、
 
「幸福度を最大化」=「収入と満足感を最大化」ー「コストと不満(ストレス)最低限」
すると定義しましょう。
  • 満足=「自分がのめりこめて達成感」があり「収入が一定以上」
  • ストレス=満員電車、コミュニケーションストレス、自分で制御できない時間・事象など 
私は、会社の良い仕組み(利用予算枠の大きさ、福利厚生、年末調整など・・)を上手に利用しながら幸せな働き方を実現していきたいと思っています。一方で、「労働と仕事は違う」ので、道の途中で勘違いしないようにしたいものです。
 
「働かなくても幸せな人」は、沢山存在します。ランニングコストを下げ、自分が幸せになることや遊びに没頭する。そんな生活もあると思います。私は会社組織(チーム)で「心理的に安全な仲間」で、高収益で、遊びながら仕事ができれば最高という考えです。
 
ハンモックに揺られて、アウトドアを楽しみながら、リモートで打ち合わせをして、時々都会で生産性を高めたアウトプットを出し付加価値を向上し「価値創りと遊びを両立」したいと思います。

人生の夏休みで発見した「仕事と遊びの両立」

なぜ、この考えに至ったかと言うと、30代にして転職の間に有給休暇を利用し、約1ヶ月遊びながら収入を得て暮らした経験があります。そこで気がついたことは、仕事をし過ぎて忘れかけていた「趣味の再発見」と、味を仕事にしながら暮らすという、好きなことで働く方法です。どうもこの技術社会では実現できそうなのです。
 
私が改めて気がついた「自分の好きなこと」は下記です。
 
  • 技術で遊ぶ(WEB開発・ドローン空撮/VR/アクションカム動画撮影・編集、バンド音楽制作:所謂AV好き)
  • スポーツアクティビティ(サッカー・フットサル、水泳、スノーモービル、ダイビング)
  • 旅行(自然があり、気候が良く、食が旨く、適度に都会で、移動手段が豊富な場所が好き。シェアリングサービス(カーシェア、民泊、サイクルシェア)を利用し楽しむ)
趣味は個々人で違うと思います。旅をしながら上記の仕事や、コンサルティング(戦略、事業開発、マーケティング)をすると、如何なくクリエイティビティを発揮することがわかったのです。上記の様な、趣味で遊びながら働くという生き方が出来ると知れたので、少しずつ実現しようと画策・構想して居ます。 

仕事のキャリア

ここで私の過去のキャリアを紹介します。

学生時代

高校時代からサッカーとロックバンドが好きで、高校も大学もバンドをやりながらサッカーやフットサルに勤しみました。と言うとモテモテホビーですが、実態はぐだぐたの麻雀やロックに明け暮れる日々なので、その辺のチンピラよろしくぼんくらと何ら変わりません。しいて言えば工学部だったため、テスト前だけはガチで勉強しないと単位が取れないため勉強はしました。しかし、社会人になって全く利用できた知識はありません。無念。。

海外について

大学2年生のころにロスアンゼルス(LA)にプチ留学を経験しました。LAでは、コンサルティングファームに勤務しているUCLA(米国トップスクールの一つ)のMBA(経営学修士)で、USCPA(米国公認会計士)の二つの刀を持つ方に面倒を見てもらう光栄に預かりました。その師との出会いが大きく人生を変えました。
 
LAでクリスチャンチャーチを修復しながら地域社会に貢献しつつ、夏休みや冬休み中に、日本から優秀な大学生を 海岸付近にあるLAの教会で受入れ、ビジネスを勉強・経験して貰うNPO的な活動をしています。「海外で働くという事」、「英語の重要性」、「海外大学でのMBA取得」、「コンサルティングファームの人の考え方」をここで仕入れさせて頂きました。
 
その後、外国に行くということにハマり、欧州の地域ドイツ(フランクフルト 、ケルン)、オランダ(アムステルダム)、ベルギー、フランス(パリ)、スイス、イタリア(ミラン、ピサ、ローマ)、イギリス(ロンドン)をバックパッカーよろしく廻ります。後に、仕事でドイツのケルンで就職するとは思いませんでした。

社会人 新卒編

上場しているメーカーの技術開発エンジニアとして入社。完全なブラックでした。上司とそりが合わず、超絶苦戦しました。今でも夢に出てきて嫌な気分がします。当時は仕事がわからないので聞く以外ない環境です。自分で考えろと言われても、当然右往左往です。

ここで覚えた上司とのコミュニケーション術をまとめました(中盤あたり)

【書評】コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術〜上司とのコミュニケーション上手になる方法〜

OJTというご都合主義で、現場で荒々しく育てる、結局「誰も教えてくれない文化」で育ちました。いきなり怒鳴られたり、休日出勤を勝手に決められ3か月以上それが続き、0時にようやく帰れるなどでうつ状態になったブラック企業でした。この経験のおかげで、「自分で生きる力」をつけないとと一念発起します。

 

この頃に読み漁った良書を、社会人歴が浅い方向けにまとめました。

【若手・新社会人向】爆即でサクっと強いキャリアを創り、年収上げるのに読むべきビジネス書30選

自分で生きる力を将来は自分で事業をすると決め、この時は、

  1. 英語を使う
  2. 営業を経験する
  3. ベンチャー(少数精鋭)
の3つを選定軸に決定。結果、日本での面接の後「明後日ドイツの本社に来てくれ」と言われ、学生時代に訪問したケルンコースで就活しに行き入社。いやぁ、バックパッカーしておいてよかったす。

社会人 転職編

ドイツまで就職活動に行き、日本の市場を任されます。顧客は自動車業界、自動車部品業界、家電業界、行政法人、大学など多岐にわたります。エンジニア経験を活かすわけですが、日本全国をたった4人で回すには人手不足杉。トヨタやホンダ相手に相当厳しく育てられ、海外本社の日本支社を運営するにはどうすべきかというノウハウを吸収。この経験が以降、超絶活きました。外国人とどのように働くかという事については事前に知っておくべきことがあります。英語学習の前に、是非知って頂きたいと思います。

外国人と働き世界で戦えるようになるにはコチラ

【英語学習者必見!】急に「外国人」と仕事をする事になったあなたへ

MBAについて

この仕事を通じ海外の社長やエグゼクティブとビジネスするようになるのですが、相手と比較し圧倒的にビジネススキルが低い事を痛感。追いつくには一度体系的にビジネスを学部必要があると考え、海外のビジネススクールでMBAを取得することを決意。下記企業に勤めながら、夜間やWEBを利用し、隙間時間を効率的に活用しながら、2年と500万円程度を投資した後、学位取得に至ります。
 
そもそもビジネスに造詣があるわけでもないため、
意味が分からない*英語=2重苦
の中での勉強は相当にハードです。取得したい方は「相当の覚悟」、「時間」、そして「お金」の投資が必要です。そこまでして取得する意味はあるのか?という話ですが、意味が大いにあります。

MBAは取得して意味があるの?

 社会人ミドル編

ドイツベンチャーの経験を活かしつつ(また!)転職し今度は、
  • 世界中から新技術を調査し、
  • 日本で市場化できるようであれば海外まで口説きに行き、
  • 交渉をして、
  • 契約をし、
  • 日本でブランディングとマーケティング活動をし、
  • 事業化する。
という、新規事業開発の仕事をするようになります。
 
圧倒的仕事量の新規事業開発は相当大変ですが、会社の資金を利用しスキル吸収可能なので良い経験でした。会社組織にいるのであれば絶対に投資される部門にいることをお勧めします。スキルや人脈がそこに集まるからです。また良好なチームに恵まれたおかでげ、IoT、ロボット等のハードウェアを事業にしていくことに関しては深い洞察を有しています。そんなこんなで、相当転職をしているので、一度ノウハウをまとめました。

転職についてはこちらがオススメ

転職エージェントが教えない「この人欲しいっ」と思わせる転職の教科書

 パラレルキャリアはパーソナルオープンイノベーション

上記以外にも個人的に「マッチングWEBサービス」、「医療WEBサービス」、「海外企業のプリセールスエージェント」、「メーカー」等をこっそり経験しては潰しています。新卒から4年目でパラレルキャリアを始めているので、パラレルキャリアはかなりの歴になります。
 
パラレルキャリアは個人における、「パーソナルオープンイノベーション」と言えます。イノベーションはアイデアの重ね合わせ、多様性や異なる専門家との対話の中から生まれていきます。
 
一つの企業に勤めて、同じチームの中で仕事をして居ては、発想やスキルセットが固まってしまいます。一方、外部の人や多くの専門家など、バックグランドの異なる方同士で集まり、何かを生み出すと言う経験は、「働く意義」「不足スキル」「個人の成長」「社会性・ネットワーキング」「内的・外敵報酬」と言う面でもとても有意義です。
 
NPOやボランティア、クラウドワーカーなどでも良いでしょう。Startup Weekend という週末起業体験を通じて、事業をスタートしていくのには何が不足しているのかを体感することも良いでしょう。これらを体感していく内に仕事では得られないスキル(WEBフロントエンド開発、動画制作)や自分の強み(事業戦略、マーケティング戦略)が何であるのかも実感することができます。
 
以前は企業が職場を人事異動と言う形でジョブを変えて、ローテーションをして居ましたが、既存業種で縛られることに加えて、自分のために本気でモチベーション高く実行できるかと言うと疑問です。自分自身が自らのために能動的に意欲高く取り組む為に、パラレルキャリアは必須かと思います。
 
企業でさえ自社内で事業創造が難しく、他業種と組み価値創造をしているのですから、個人でも当てはめるべきです。個人としてはメリットだらけですが、デメリットは、外部で多様性や新しい価値観に触発され退社してしまう人がいることでしょうか・・・。当然、週末や終業後の時間も大いに取られますが、リスクはありません。
結論として、パラレルキャリアは個人にとってメリットしかありません! 

投資について

FXでレバレッジをかけすぎ300万円を1夜で失い、苦いどころか、世界の色が白黒になり、食事の味がしなくなった経験があります。なので、大きくレバレッジをかけると言うよりは、本業と副業でキャッシュをためてから、金融、不動産、知的財産、事業に投資をして、複数のパイプラインから収入を自動で得られる道を構築するのが現代において賢い投資ではないかと考えて居ます。
 
まずできる仕事場での年収アップとしてお勧めは自己投資です。まずは本を読んで学びましょう。付け加える事ができるとしたら交渉術は必須なので早いうちに習得しましょう。ネゴが強いと人生勝ち越します。

交渉術を覚える

【年収上げたい人必見】交渉で勝つたった1つの方法

まとめ

自分の好きなことで、シェアリングサービスを活用しながらコストを下げて、旅をしながら働く生活。これを実現するための構想を日々少しづつ具体化していきます。その道中での学びをこのブログではシェアしていこうと思います。ご覧担っていただき、ご一緒いただけるような方がいらっしゃいましたら、お友達になれれば嬉しいです。共感頂ける方には、学んできた事を沢山共有していきたいと思います。
 
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。