医療従事者は仮想通貨投資をした方が良いと考える理由

医療の現場で、疲弊していませんか?労働集約のビジネスをしている人は仮想通貨投資を学んだほうが良いと考えています。多少なりとも経済的負担を減らし、社会での活躍を期待しています。しかし、リスクもあるのですが、最低限のリスクでリターンを増やす考え方もあるのです。 

はじめに

私は医療現場の医者や看護師、技師さん、医学生などの方々と頻繁に仕事を経験しました。人柄もよく真面目で頭も良い。何より患者さん優先。とても尊敬しています。だけど、皆さんとても疲れていて、少しでも貢献できればと考えています。
 
投資は自己責任ではありますが、医療従事者の年収を倍にし、もっと自由に活躍して頂くべく、経済の知恵を分かち合えればと思います。あまり投資を進めすぎるのは、胡散臭いし、何より臭うのあまり好ましくないのですが、今回重い腰をあげました。
 
医療従事者の知恵は病院だけでなく、社会でとても重要です。会社でも必要ですし、一般の人たちの健康寿命を延ばしていくためにもとても重要です。しかし、現場は、病気になったら病院へ行き、治療をするので、予防医療とは少し縁遠くなっています。そこに一石投じることができるのは、医療従事者の経験と知恵だと考えています。民間にも医療従事者の知恵を活用して、少しでも健康社会が普及すればと思います。

労働集約

労働集約型の事業とは、労働をして初めて対価を得ることができます。つまり、時間を切売りしているわけです。残業代は全て出るという前提ですが、働いた労働の時間分だけ、時間とお金を交換することができます。
 
これはとても疲れるビジネスモデルです。
 
時間単価が高ければ良いのですが、単価が低い場合、時間を切り売りしたとしても得ることができる対価が低くなります。特に若いうちは、その傾向が高いと思います。

どんな職業が労働集約か

労働集約は下記のような事業をしている職種の人です。
  • 医療従事者
  • 美容関係者
  • アパレル・ショップ店員
  • ネイルサロン
  • デザイナー
  • コンサルタント
  • etc
他にもあげれば、きりがないほど、出てくると思います。時間を切り売りしている職業は皆それに当てはまりますね。これを脱するには、
  • 何か製品を作る(ハードウェア、ソフトウェア)
  • 販売するか(輸入、卸)
  • 権利収入を得る(特許、著作権、作詞、作曲etc
  • 貸出 (不動産、金融)
などがあります。他には事業を一から作ることもあげられますが、中々簡単ではありません。

投資をするべき職種?

中でも医療従事者、医学生は投資を始めるべきかと思います。

余剰資金がある

医者でも看護師でも、相対的に給与は高く、余剰資金があるかと思います。(研修医は別・・頑張れ!若手Dr!)しかし、病気になっている患者さんと接する仕事のため、一般的な経済や社会の動きに追従し難いこともあります。医学生も、多少なりともお小遣いがあると思いますし。若い内に仕込んで置けば、研修医になった時に、生活の足しになる可能性があります。(研修医は辛いぞ!)仮想通貨投資は一万円からでも始められます。

社会を触れる機会にできる

患者さんを治療をして、復帰させていくわけですが、自分はいつまでたっても病院の中です。世の中の流れには疎くなってしまわざる得ないのが現状です。経済に触れる理由は興味を持つための理由があった方が、勉強ができるというものです。投資をきっかけに、社会に触れてみるのは良いと思います。
 
日々の生活は忙しく、そしてお金を使う時間もないので、貯蓄が溜まっていく一方かと思います。唯一楽しみには移動手段の車。ということで、高級な外車を乗る教授の先生をよく見かけます。少し悲しくありませんでしょうか。60を超えて教授になったものの、楽しみが病院までの移動の高級外車。。。

時頭が良く、人柄が良い

もう少し若い力経済を勉強して、多少の自由を手に入れても良いのではないでしょうか。本来、医者は頭脳明晰な方なので、少し勉強すればからくりが分かるかと思います。

オススメは「本業」と「副業」と「投資」

一般的な社会人には、本業、副業、投資の3つのバランスを取ることを勧めています。しかし、医療従事者の場合、本業の仕事が忙しすぎるため、副業をしている時間は無いかと思います。そこで投資をオススメしています。いくつか今風の投資手段があるので、列挙します。

投資資金が豊富にある場合

  • 債権投資(豊富な資金で少額の利率でも良いので確実に増やす)
  • 不動産投資(金融機関と組み毎月のCFを目指す)
  • ソーシャルレンディング(所謂、貸出で利子を貰う)

中規模の資金がある場合

  • 投資信託・AI/ロボット投信(手数料を支払い預けると資産運用代行)
  • 株式投資(銘柄を見抜き配当と、上昇益を狙う)

ハイリスクハイリターン

  • FX(外貨取引)
  • 仮想通貨投資
投資の手法はここに挙げただけではなく他にも沢山ありますが、一般的なものを列挙しました。

仮想通貨投資

このブログを読んでいるのは、若い方が多いため、医療従事者、医学生だとしても、豊富な資金は少ないかと思います。そのような場合は、仮想通貨投資をススメします。

1万円からでも投資可能

少額の1−5万円だけでも仮想通貨投資は可能です。仮想通貨投資に回せるお金を捻出できれば、ある程度のリターンを狙うことができるからです。
 
もしこの少額を仮想通貨に投資しておき、忘れた頃に数倍になっていれば、労働集約のビジネスから多少なりとも、兆しが見えるのではないでしょうか。
 
自分の家計のポートフォリオを、時間を切売りする労働集約事業だけではなく、投資に回すことをオススメします。

さいごに

仮想通貨投資をお勧めしますが、自己責任です。胡散臭いお思った方は、すぐにやめておきましょう。全くゼロになる可能性すらあります。しかし、仮想通貨を勧めるのはリスクは原的的ですが、チャンスは大きいからです。少しでも、労働集約を脱する考え方の一つとして、ご検討されてみてはいかがでしょうか。
 
もし興味がある方がいましたら、この記事もご覧ください。限りなくリスクを減らす方法と、投資資金を捻出する考え方を記載しています。
  

リスク無しで始める仮想通貨入門

参考リンク

お金や経済を学ぶのに良いと思う良書をまとめておきますので参考にして頂ければと思います。
 
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。