高く売るための価格交渉はどうすればよいのか?

自分のサービスや製品は出来る事なら高く売りたいですよね?当然、年収交渉は自分のスキルを販売しているので、絶対に高く売る必要があります。高く売るための交渉法を学び、年収を上げたり、営業製品の利益をあげていきましょう。

交渉戦術:オークション

説明:売り手と買い手をお互いに対抗させる

複数の人々が同じものを欲する場合、お互いを対抗させる交渉法
・一堂に会し、この内1人だけがこれを手に入れることが出来ると伝える
・この方法は売手も買手もお互いを競争させたいときに使える

例えば

一般的なオークションは入札者が高値を付け続け、最終的に他の誰もそれ以上払えなくなるまで価格を上昇させる。

一方ダッチオークションとは、初期設定価格から最初の入札があるまで価格を下げていく。(確実に商談成立)

ディスカッション

人は何かを負け失うかもしれないと感じると、それがさらに欲しくなる習性があります。私たちは元々競争心の強い動物なので、誰か他の人間が同じものを欲していると分かると、それを手に入れるという目的が、ただ単に競争に勝つという目的にすり替わることがああります。オークションで2人の人が高値の付け合いをし、最終的にそのアイテムの本来の価値をはるかに上回る値段が付くことがあります。人間の競争心を利用して価格を上げるという交渉の手法です。

おわりに

一般的にヤフーオークションなどもこの手法なので、気が付いたら不要なものを買ってしまったという事がある人も多いかと思います。他にも、営業の商談や、M&Aでの会社売却やで良く見る交渉テクニックですね。ぜひ使えるようになって利幅を取れるようになりましょう。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。