「あなたのことはそれほど」考えていない人を追込む交渉技術

優柔不断で決めきれない人に苦労したことがありませんか?ウジウジ決められない、何か他の要素を隠し決断できない相手に対して、仕事上の回答を迫るにはどのようにしたら良いのでしょうか?これは恋愛にも使えるかもしれません。

交渉戦術:デッドラインを決める

説明:時間の相手を押し付ける

・相手が決定を下す、もしくは、行動を起こす締切期限を設ける
相手に求めている事を行動する期限としてはっきりと示す
・期限が近づいてきたら、期限を守れなかった場合何が起こるか知らせる
・これは限定的で脅迫的な行動になり、曖昧だが不安にさせるものとなる
期日は権威者の命令か、相手に自発的にコミットさせ、対抗し得ないものを用いる

・私達が帰国する前に、あなたの返事を聞く必要があります。

・この後、社長と話します。何に同意したか彼は知りたがるでしょう。

・週末に開始なので、木曜日までに配達しないと大損害になります。

ディスカッション

・納期遅れのことを想像すると、期限に追い詰められ、緊張感を生み出す

・相手を急がせることによって、よく考える時間を奪うことができる

 -期限を守れなかったらという心配で追い込む

   -提案について考え、反発する時間を失わせる

おわりに

締め切り時間で縛るという方法は、実に古典的ですが、それ故にいつの時代も普遍的に活用ができる手段です。相手に期限と罰則を決めさせればより縛りの効果が大きいでしょう。ただ、全てに期限を設けて行動をコントロールしてしまうと余裕もなくなってしまい、考える習慣を奪ってしまうかもしれません。適宜調整しながら利用しましょう。

交渉法オススメ記事はコチラ

できるビジネスパーソンほど知っている最強の交渉戦術とは●●●●●である

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。