仕事ができる人は圧力をかけられた時どうするか

会議で圧力を受けたり、面談で状況が厳しくなり追込まれたことありませんか?このような状況かで行詰まった場合、どのようにして立て直しますか?意外と簡単なテクニックで圧力から解放されることがあります。

交渉戦術:一旦休憩

説明:外に出て流れを変える

・交渉を中断することで考えを整理する時間を得ることができます。

・あなたに確認したい事項がある場合、誰かに助けを求めたり、考え直したりするために休憩を取りましょう。

・特に物事が相手に都合よく進んでいる場合、妨害工作としても休憩を用いて相手の流れを止めることができます。

・特に、相手からの圧力を感じる時に休憩を取りましょう。休憩は数秒から数日まで様々です。

・軽食の休憩では他の人と詳細について話し合う時間を与えます。自分側の人々と今の状況について話し合うことも可能です。

・少し休憩にしませんか。

・少し考えさせてください。

・申し訳ないのですが、トイレにはどちらでしょうか?

・興味深い話を聞いたので、ゆっくり考えたいですね。来週また会いましょう。

ディスカッション

・私達はしばしば結論を急いだり、他人が自分に圧力をかけるままにさせることがあります。

・何かを買う際に、急いでいないのであれば、一歩下がって考えを整理すれば良い決定を下せます。

・人間の脳は圧力を感じていると誤った判断をしがちです。時間を割いて考え直せば、もっと正しい判断ができます。

おわりに

圧力を感じている時には休憩がオススメです。当たり前のなのですが、トイレに行くふりや、物をわざと落とす、携帯が着信しているふりをする等して時間を稼ぐのも良い手段です。相手の都合の良い圧力に負けないスキルを知っておき、いざという時に利用しましょう。当然ながら圧力をかけられてしまう様な会議や面談等は無いに越したことはありません!

交渉法オススメ記事はコチラ

できるビジネスパーソンほど知っている最強の交渉戦術とは●●●●●である

 

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。