何でも割引で買える?!安く買うための価格交渉法

欲しい物が少し高い、もう少し安ければ買うのに!という事がよくありませんか?価格を下げる交渉法を知っておけば、仕事でもプライベートも、何でも安く買うことが出来ます。安く買う事ができれば、余ったお金で違う物も買う事が出来るかもしれませんよ?

交渉戦術:ローボール

説明:買い手が低値から始め、価格を上げていく

・買い手のための戦略で、特に低い言い値から始める
事前に価格調査をしておき、売り手の許容範囲を事前に調べ、最適価格かそれより下から始める
・低い値段を言う理由も主張すれば正当化される
・最初に値段が幾らか相手に聞かないように気をつける(高値に交渉を固定されるかも)

・相場は千円なのに3千円の値札が貼ってある。800円で買いたいと主張し双方の間を取っていく

ディスカッション

・低い値段から始めれば、いつでも上げることができますが、高い値段から始めても、下げることはできません。

・低い値段から始めると、妥当な価格範囲内と相手に思わせることができます。

・始めた値段と最終的な値段の差は、あなたが相手にどれだけ譲歩したかというサインとなる

おわりに

大阪のおばちゃんがやっているようなイメージで、おなじみの交渉手法ですが、実に効果がありますので積極的に利用しましょう。ポイントは自分が事前に価格調査をしておき、相場を把握していることにあります。もし、その言い値で売買が出来なかったとしても、相場の価格が市場に出回っている以上、そちらで購入すれば良いだけの話です。事前調査をして代替を持っているという事が交渉のセオリーですので合わせて覚えておきましょう。

交渉法オススメ記事はコチラ↓

【年収上げたい人必見】交渉で勝つたった1つの方法

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。