できるビジネスパーソンが使う相手を巻込む秘密の交渉法とは

恋愛でも仕事でも客先や相手と仲良くなり、周囲を巻込みリードしていく人は一体何をしているのでしょうか?実は裏側でこんな交渉の駆け引きをしているかもしれませんよ。とても強力な交渉法なので知っておくと便利です。

交渉戦術:内密

説明:非公式にする

・「内密」に話せるか確認し相手にとって新しく見える情報を提供する

・会話の途中で「内密」に言いたい事を言います

・「秘密ですが…」「誰にも言わないでほしいのですが…」「実を言うと…」と始めましょう

・全体を「内密」にした会議をすることもあります(別途会議を開催する)

・ご内密にお願いできますか・・・?「実は・・・」

・「機密なのですが、実は・・・・」

・散歩に行きましょう。背景の情報を提供します。

ディスカッション

・多くの交渉の場において、あなたは相手を完全に信用することはできない

何かを内密にする事は「あなたが相手を信じている」お返しとして「相手も自分を信じるべき」と暗示すること

・社会的に相手にはあなたから聞いたことを他言しない義務がありますが、それでも自分の会社への義務もあるので相手を落ち着かない立場に置くことになる

・もしも相手があなたへの義務を守るなら、それは相手をあなたに近付けたことになり、他の提案に関しても協力的になる

交渉が行き詰まった場合に内密の話をするのは効果的で、少しの正直さが物事をまた動かすかもしれない

おわりに

このように「秘密なんですが・・・」と言われてしまったら、相手からコントロールされることになるわけですね。その秘密な情報が正しいのかを確かめたい所ですが、打ち明けられてしまうと何とも変な立場に追い込まれてしまいます。これを阻止するのは心理的に中々手ごわそうですね。とすれば、自分の方が積極的に活用していきましょう。

次におすすめはコチラ ↓

【年収上げたい人必見】交渉で勝つたった1つの方法

 

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。