「逃げるは恥だが役に立つ」に学ぶ交渉法

仕事で相手が理不尽すぎる時どうしますか?飽きれて物が言えなくなりますが、相手を逆手に取れる形勢逆転のチャンス到来かもしれません。この交渉法で相手を飲込み、有利な状況で交渉を進めましょう。

交渉戦術:交渉打ち切り

説明:交渉の場から立ち去る

・進展が無いことや相手の理不尽さなどを理由に交渉を打切ると脅す
・関係を断つと脅す
あなたが相手にとって重要な存在であるほど効果的
・この方法はドラマチックに使うのを忘れずに
・打合せの手帳やPCを閉じて部屋からでましょう
(相手が止めてくれたり、追いかけてきてくれるのを期待)

・もういいです、私は抜けます(冷静に)

・あなたの非協力な態度はもうたくさんだ!

・今まで有難うございました(帰り支度開始)

ディスカッション

交渉を打切るという脅迫を受けると、相手は「全て失ってしまう」という考えに直する。

・すると、相手は妥協的な考えになり、あなたは許容可能な結果を引出すことができる。

・もしあなたに代替案や勝算がれば非常に効果的ですが、相手が嘘を見抜く危険性もあり。

おわりに

交渉中止にすると「恥を忍び逃げる」ような感じを受けますが、実はこの逃げる行為自体がとても役立ちます。交渉はWin-Winを模索する相互依存性のあるクリエイティブなプロセスなのですが、必ずしも相手がWin-Winな関係を構築しようとする紳士ばかりではありません。片方が得をすれば良いという姿勢で臨まれ、無理難題を提示された時には、交渉を打ち切る勇気も持ちましょう。その勇気はどこから来るかと言うと「代替案」です。

代替案について次記事がオススメ ↓

できるビジネスパーソンほど知っている最強の交渉戦術とは●●●●●である

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。