【戦略的事業の創り方】 成功する戦略構築のための、たった1つの重要な教えとは?

戦略構築する際に、たった1つだけ覚えておきたい大変重要なことがあります!

この1つを覚えるだけで、時間を大幅に削減でき、人件費をセーブし、個人では人生の無駄な時間を省くことができます。その1つとは「順序」です。何の順序を意識すればよいでしょうか。

初めに覚えておきたい3つの戦略

 

この3つだけを覚えていれば、自分たちの戦略は見誤らないと思います。

もし自分が、

  • チャンピオンやマーケットシェアナンバーワンであれば、コストリーダーシップです
  • 業界2位や3位であれば、差別化で攻めます
  • 後発で後からの参入はニッチである集中戦略で攻めるとよいでしょう。

これらの立ち位置や、攻め方を知ったうえで、新規事業を創っていきましょう。そのためには市場環境や情報収集が必須ですね!ぜひ本ブログの中で、情報収集の仕方を振り返ってみてください。

戦略論は多々あるのでアマゾンに譲るとしましょう。参考になるのは、下記だと思います。特に牧田先生の本はとても勉強になるので基礎本を読んだらぜひ手に取って頂きたい本です。ビジネスマンは戦略系の本を洗いざらい読んでから、各論の財務、会計、技術、マーケティング、人材、組織論を読んでいくとよいと思います。ビジネスのOSを入れてから各ツールであるアプリを入れていくイメージです。

マイケル・E. ポーター

大前 研一

牧田 幸裕

孫氏

 

戦略を構築する

戦略を決めて事業を開発するといっても・・・・

 

そうです、負けない事業を創って勝ち続けるには、調査をすべきことが山ほどあります。知らずに突っ込むのも良いのですが、賢い読者の皆様は焦る気持ちもありながら、少しだけインテリジェンスを高めた上で、チャレンジしていきましょう。

 

とはいっても多少のショートカットをしないと、山ほどタスクがあるので先へ進めません。

そんな時にお勧めしたいのがフレームワークです。

 

フレームワークをどう使うべきか

 

フレームワークは型です。目に見えない知的生産のための型だと思ってください。(クッキーの型は材料を入れて型どっていけば、誰でもプロの創った型通りにクッキーが量産できますね) 知的生産も同様です。先人の創った型にはめて調査をして内容を詰めていくと、もれなくプロの創った戦略が構築できていきます。

 

とはいっても・・・・・

 

一概にフレームワークと言っても、ありすぎるし、どれから使えば分らない事が良くあります。

ここで一度思考のデフラグをしておきましょう。

 

沢山有りすぎるフレームワークを使うのですが、フレームワークを使うにも順序があるということです。この順序通りにやっていけば、後戻りや過不足が無くなりスムーズに戦略構築ができます。もし仮に乱雑に手当り次第に知らべ初めて、勘に頼ってやっていくと時間を大損します。これは会社でもチームでも当てはまり、何度も時間切れになった経験があるので、心しておくとよいでしょう。

経験や勘のある人は既にこういう経験をしているので、勘を持ち合わせているのだと思います。もしまだ戦略構築をしたことが無い人はこれから提供する型に見事にはまってみてください。

未来を創る型とは

当然これから未来を創っていくわけです。過去を創るわけではありません。調べる時もまずは過去を調べてみましょう。

沿革や歴史を知ることは重要です。

  • 何が因果関係にあるのか?
  • なぜこのような状況になっているのか?

過去、現在、未来とさかのぼって状況を調べてみましょう。

 

ここまでのまとめ

時間短縮するには、先人の肩に乗りましょう。まさにこれにつきます。そしてもう一つだけ絶対に覚えておきたいことがあります。

 

絶対に覚えておきたいもの、それは「思考の順序」

 

そうです、如何にも中身がなさそうですが、実に深いのです。

思考の順序を間違えると後戻りや、論理の不一致、すべて台無しになる可能性が大いにあるのです。それだけ軍師である戦略家は気を付けなければいけないのです。もしこれが戦国時代であったら、あなたのチームは全滅します。それほどまでに間違ってはいけない重要な事を実践しているとお考えください。

 

何度も何度も書きますが、戦略構築のためには思考の順序があるということ、これだけは是非覚えて帰ってください。次回は、どのような順序で、何を調べていくのか、見ていきたいと思います。

成功する情報収集のツボとコツとは?

 
 

 

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。