あなたのブログに自動送客!効率的に仕事をしたい人のためのTwitter自動投稿ツール

今日はTwitterを「始めては、辞め。始めては、辞め」 を繰り返していた面倒くさがりの自分が、時間効率を考え、実際の仕事で利用していた、Twitter自動投稿の超効率化ツールについて書きます。
 
国内外の無料ツールを全て使い倒し。痒い所に手が届かず満足しなかったため、
オリジナルで開発しました。
 
同じ悩みを抱えている人にはうってつけだと思います。
 
このツールを使ってクラウドファンディングのプロモーションや、通常のデイリー投稿の自動化や、 超人気テレビ番組の放送時間帯で、投稿が活性化しそうな時に投稿するなどの実績があるので、実績は有りと言えるでしょう。
 
この超効率化ツールは、Twitter投稿、ハッシュタグ管理、編集をスプレッドシートを通して管理投稿ができるので、仕事でTwitterを使う人、自動投稿をしてPVを集めたいブロガーやライターさんにもおすすめです。
 
ここでは、超効率化ツールである、Twitter投稿自動化の超具体的な活用方法についてご紹介します。
 
 
 
 
 
会社や個人でTwitterを利用している人は多いと思いますが、おそらく9割以上の方が、投稿が面倒臭くなり放置して、いつの間にかお蔵入りさせているのではないかと思います。
 
もし、面倒くさがって投稿をしていたはずの時間帯に投稿をして、お客さんを獲得していたとしたら、機会損失は結構おおきいかもしれません。
 
・自分の発信すべき良質なコンテンツを持っている
・ブログをやっている
・ライターとして発信したい記事がある
・フリーランサーで他にやることが多い
・時間効率化をし生産性を上げ、価値ある2割のクリエイティブな事に時間をかけたい
 
という人にとっては、自動投稿は強い味方になってくれるでしょう。
 

Twitter投稿の課題

 
・投稿設定、#タグ調査、画像制作に時間がかかる
・単純作業に時間がかかり、肝心の「内容を思考する時間」が無い
・投稿内容管理に、エクセル等で手動管理の必要がある
・有料サービスには、投稿の「制限」や「限界」がある
・有料サービスは1度の課金ではなく「月額課金型」が多い
 
このような気持ち、まさに自分が体験してきたので、良くわかります。
 
いくつか、ソフトを導入したり、WEBサービスを利用したのですが、
自分が欲しくて痒い所に手が届いているサービスがありませんでした。
 
例えば、
 
・画像投稿を優先すると、従量課金
・時間設定をしようとすると、回数制限で月額課金
 
無料で使い倒すには限界があり、海外のサービスも試しましたが、結局使えなかったり月額課金のサービスばかりでした。
 

背景

SNSでバズらせようよ!そんな声を良く聴きますよね?
 
SNSはそんな自然発生的にバズるほど甘くはありません。綿密に計算してもバズらない世の中で、何も考えずに発信したことがバズったり・・。
 
それでも企業や個人は考えて投稿をしないと、拡散効果でPVを集める事は出来ません。しかし、本気で考えるのにも時間がかかります。
 
ここで一度、企業や個人が行うTwitter投稿迄のタスクフローを見てみましょう。
 

Twitter投稿フロー

 -PC or スマホ起動
 -Twitterサイト/Apps立上
 -投稿文の検討・企画
 -投稿内容記述
 -最適ハッシュタグの検討・企画・調査
 -ハッシュタグ貼付
 -投稿コンテンツ(写真・動画)の検討・企画
 -添付画像、動画の貼り付け
 -URL短縮
 -投稿
 
実は一言でTwitterを開始すると言っても、戦略的に広めようと思った場合、多くのタスクがあることがわかります。作業時間の圧倒的短縮をする必要がありそうです。
 
おそらくこれを普通に実行すると、1日3回投稿する内容を準備して。投稿設定する事を想定した場合に、最低でも1日に1時間程度はかかるのではないでしょうか?
 
毎日継続する場合、1時間×20日間(労働日数 )×時給3000円と仮定すると、1ヶ月に60,000円、
1年間で72万円の工数をかけていることになります。
 
たかがTwitterですが、金額換算で年間72万円となってくると全く話は別です。
 
なるべく、この経費を削減する考え方で、かつ、投稿もしていきたいと考えるのが普通ではないでしょうか。
 
そこで、自動でTwitter投稿ができる無料サービスを色々試して見ました。しかし、当然無料なので、色々な制限があります。
 
例えば、
・投稿設定数に限界・制限がある
・設定次第ではアカウントを止められる
・自動投稿ができない
・日時指定ができない
など、色々な制限があります。
 
この制限を超えたければ、月額の有料課金の方へ・・・というわけです。月額で1,000円程度であれば、上記の72万円を考えると安いものなのですが、せこい私は、年間1.2万円か、それであれば、欲しいものが買えてしまうな。と思ってしまいます。
 
そこでこのツールは、1度限りの課金体系にしたいと思います。
 
なぜこれが出来るかというとGoogle Apps ScriptというGoogleのサービスで、Googleサーバーを利用しています。
 
私にはサーバー負荷がありません。その分利用の保守料やサーバー料金を払う必要がありません。
 
多少、日時の指定に制限があります(最下記)が、おしゃれなランチ程度の価格で1回限りの買切りモデルなのでそこまで負担にはならないのではと考えております。
  
 
以下で、その中身について説明します。このTwitter自動投稿の超効率化ツールをを、TWbyGASと名付けたいと思います。
TwitterをGoogle Apps ScriptというGoogleのサービスを使うため、この名前にしてあります。
  
 

Twitter自動投稿の超効率化ツール+テレビ番組あいのりメソッドで全ての悩みを一掃

自分が活用している具体的な例としては、一度作った文章を140文字以内に小分けして、様々な#タグ、送客したいURL、画像を組み合わせて自動投稿に変えています。
 
また、人気TV番組と同時に投稿をお勧めしています。
 
ターゲットのユーザーが視聴していそうな番組放送時間と、放送時間中の何時投稿するのかという時間変数もあり、広告のような投稿でであなたのブログのPV最大化に貢献します。
 
(投稿×#タグ×URL×画像)×(時間変数:超人気番組×放送中のいつが最適化+レスポンスレート)=無限大の組合わせになります。
 
詳細を詳しく見ていきましょう。これを利用した場合の利点ですが、下記が上げられます。
 

ベネフィット

・一度仕掛ければ、自動で投稿してくれる
・作業時間の圧倒的短縮
・企画検討・分析に時間を割くことが出来る
・エクセル関数利用で、ハッシュタグと投稿文組合が無限大
・最低でも1日、30分~1時間掛かる所を自動化
・誰かが代わりにやってくれているという快適な優越感ゲット
・自動でいいね、フォローワーが増える
・有名テレビ放送中に時間設定すれば投稿の認知が上がる
 
何より、空いた時間で他の事が出来るので、勉強して年収アップを目論んでも良し、癒しに使ってもよし、寿司を食べるでもよいでしょう。
 本題のバズらせるためには何が必要かという課題ですが、Twitterをやる際の本質と作業を以下に仕分けて考えて見ます。
 

Twitterの本質

・本当にやるべきは投稿内容の検討・企画
・投稿コンテンツ(写真・動画)の検討・企画
・最適ハッシュタグの検討
・反応の分析(imp/responce rate等)
 
上記のPDCAを高速回転し、グロースハックしていくのが本質ではないでしょうか?
一方で、以下は単純な作業です。
 

単純作業

・PC or スマホの立ち上げ
・Twitterサイト/Apps立上
・投稿内容記述
・投稿文のタイピング
・複数回に及ぶクリック作業
・ハッシュタグ貼付
・添付画像・動画選定
・URL短縮作業
は、単純作業で本質とは全く関係ありません。
 
不要な作業は全てシステムに任せて、考えるタスクに集中しましょう。また、このような作業を日々繰り返すのではなく、同じことは一気に片づけてしまいましょう。
 
スイッチングコストと言う思考の壁があるので、一度違う事をやり、またTwitter投稿作業に帰ってくるのは、思い出す時間と手間がかかってしまいます。
 
機器を立ち上げたり、WEBを立ち上げたり、そんな小さな時間短縮のことまで、考えなくても。。。と、思われるかもしれません。
しかしながら、塵も積もれば山となる。とはよく言ったもので、些細なこと積み上げていくとあなたの人生をロスせずにすみます。
 
コンサルティングの現場では、時間価値がクライアントの課金につながるので、不要なことはなるべく避けるという考え方を持って日々仕事をしたいものです。
 

テレビ番組あいのりメソッド

 
さて、ビジネスマンを想定した場合の戦略的なTwitter投稿を検討してみましょう。
 
20-30代ビジネスパーソンのペルソナを考慮すると、日々のニュースや自己啓発のための勉強、プロフェッショナルがどのように考えているかなどをWEBやメディアで積極的に情報を仕入れる傾向にあります。
 
一方で、ビジネスマンはテレビを見ないという話もあります。
 
マスマーケットを動かそうとするビジネスパーソンであれば、大衆がどのように動いているかを知る必要がありますので、テレビは録画や倍速機能などを通じて見ていることが多いようです。
 
推測するにビジネスパーソンがテレビを見ないという話は、「視聴しても時間の浪費にしかならないような消費型コンテンツ」のことを指していると思います。
 
サービスや商材など、ターゲットによってテレビ番組やハッシュタグ変わってくると思いますが、今回は「ビジネスパーソン」をターゲットにした番組の一例をあげます。
 

テレビ番組例

ーガイアの夜明け
ーワールドビジネスサテライト
ーカンブリア宮殿
ーモーニング
ーSENSORS
ーがっちりマンデー
ー情熱大陸
ープロフェッショナル
ー未来世紀ジパング
ースーパープレゼンテーション
ーSWITCHインタビュー 達人たち
ー池上彰のそうだったのか!
ーEテレ 英会話
  
ある一定のフィルターをかけながらという前提はありますが、プロの編集者やディレクター、放送作家が取材を重ね検討したテレビ番組はかなりの時間や工数、つまり、コストがかかっているため視聴するようにしています。
 
最近はテレビを見ながらSNSをするという、ダブルスクリーンでテレビを楽しんでいるという傾向が多いという結果も出ています。
 
現代の最強のマーケティング装置であるテレビを使って、同じ時間帯にTwitteのデジタル大陸の方で、自分のコンテンツ送客のためのURLや写真などを、自動で投稿できれば、ある意味でこれは広告といえるかもしれません。
 
他にも、アイドルや芸能人の感性やその方の色居合いによって、ファッションや、化粧品、Webサービスでも、ペルソナ設定をしてマーケティングができると思います。
 
よりセグメントされたターゲティングを実施したい場合には、地方局やBS放送、CS放送、インターネットテレビ放送、ラジオ放送などを検討して見ましょう。
 
参考:ヤフーTV CS放送一覧
 
広告代理店はこのような放送局の番組コンテンツの間にあるテレビシーエム枠を販売しています。
 
1人広告代理店のようなマインドを持って、即時性の高いSNSであるTwitterに、広告のようにコンテンツ(ブログ)誘引のための投稿を仕掛けると良いでしょう。
 
 

 
 

TWbyGASの内容

 
実際のTWbyGASの具体的な画面を見ていきましょう、流れは以下になります。
 

■前提

・Twitter アカウント所持
・Gmail アカウント所持
→Google DriveやGoogle Spredsheetを使います。
 

1:GASでTwitterとSpreadsheetを連携

(2017/3月時点での設定マニュアルを、購入後にお渡ししすので、参考に品がら進めてください)
 

2:Google Spreadsheetで、投稿を作成

 エクセルのような感覚で投稿を作成、編集、組合わせたりしてみてください。
 

3:ハッシュタグを調査して最適な物を抽出

最適な#タグを探すのは、以下のサイトがおすすめです。
 
画面右上の#tagの検索項目に入力して、#タグの利用数や相関性を円グラフで確認。
関連性の高い#タグを選びましょう。
 

4:飛ばしたいURLを設定

 URLは140文字制限があるので可能な限り短縮しましょう。
Google Shorter等がおすすめです。

5:画像設定

 投稿には画像を必ず貼りましょう。文字だけの投稿よりも画像つきの方が、露出の面積を取れますし、文字を見るよりも画像の方が認識の速さが違います。

6:投稿トリガー設定

具体的にはこのような感じです。出来上がった、投稿文をスプレッドシートに書き込み、日時を指定します。
 
 
画像はGoogle Drive上のどこに保存してもかまいません。フォルダに適当な名前を決めても良いですし、フォルダに入れなくてもかまいません。※写真のサイズはTwitterの限界がありますのでそれに準じてください。GIFの投稿は可能です。
 
 
 実際のフォルダ内の写真です。
 
参考までにGoogle Spredsheetのタブに、2つ投稿を補助する関数を設置してあります。
 
1:投稿をする前に文字を140文字以内にする必要があるとおもいますので、
#タグ、URLを入れて、最終的に何文字になるのかが、一番右の列でわかるようになっています。
140文字を超えるようであれば、B列の投稿数を減らすか、URL、#タグを短くして調整しましょう。
 
 
 
2:投稿時間を繰り返す関数を創ってあります。
1日に5回つぶやく場合にコピペをしまくるのが面倒くさいので、
型を創っておきました。
 
1日に24回つぶやきたければ、①を横に24列作成すればOKです。
 
 

※欠点があります

制限がある箇所を予め記載しておきます。
 
今回のGASでは12:34分に投稿したい、等の場合、XX時34分に手動で1時間置きのトリガー設定をする必要があります。
 
例:12:34分に投稿したいのであれば、9:34分にGoogle上でトリガーボタンを押す。
すると、10:34,11:34.12:34等の様に1時間毎にツイートされます。
この場合、12時台は34分に、1時台は56分に、等の設定は出来ませんので予めご了承ください。
 
・30分置きのトリガー等もあるのですが、投稿時間設定によっては上手くいきません。
 
・もしこのように1時間おきにも詳細にツイートの時間を設定したい要望がある方には向きません
 
・今回の提供物では、1時間置きに1度つぶやく自動投稿であれば問題ないという方のみご利用ください。
 
・画像を設定しないと、投稿できません。目的は多くの露出を得ることなので了承ください。
 
これが今回のシステムの欠点です。
 
とはいえ、1時間に一回程度の投稿でも大変助かります。1日24回も自動で投稿してくれるのですから。
 
修正を申し出て頂けるような天才を募集します。
 
 
 
 
SNSは強力な武器になりますが、戦略的に実施すると実は結構時間がかかります。
 
時間がないから手をつけることができない。それは機会損失になるかもしれません。
 
時間がない方向けに、このTwitter自動投稿の超効率化ツールと、テレビ番組あいのりメソッドを使って頂きたいです。
 
最初の初期設定は不慣れなので時間がかかるかもしれませんが、一度TWbyGASを作り自動で回る快感を覚えると、他のTwitterアカウントを作り、GASを仕掛ける。
 
この繰り返しで複数アカウントが自動で回れば、PV数が伸びてきます。
 
初動のTwitterアカウントではターゲットを絞り、複数フォローをしてフォローを仕返してもらいましょう。大凡1割の人が、フォローを仕返してくれます。

Twitter で沢山フォローボタンをポチるのが面倒くさいので、こんなコードを貼っておきます。

使い方はこうです。

1:Twitterでフォローしたい人のフォロー―画面にて、右クリック>検証

 
 
2:Consoleタブの一番空白に、下記のコードをコピペする
$(“.js-follow-btn”).each(function(index, element) { var ev = jQuery.Event(“click”); ev.srcElement = element; $(this).delay(index*100).trigger(ev); });
 
 
3:コピペしたらエンターを押すと、バーンと一気にフォローします。
人数に制限があり、やりすぎるとアカウントをロックされますので、よしなに。
 
  

あとは、淡々とPDCAを回し、分析、投稿を繰り返し、グロースハックするのみです。

しかし、そう考えているだけでは、残念ながら何も変わりません。

本当に有用なツールを武器として活用し、それを通じて実際に行動を変えていくこと。

手当たり次第に手を動かす必要はありませんが、一度、暗中模索の中、「やってみる!」ということも大事です。

この記事で羅針盤になると思います。私の型に一度ハマってもらい、チューニングしながら自分の物にしていただければと思います。

そうすると、自分は違う作業をしている時間にもTWbyGASが勝手に投稿をしてくれて、二毛作タイムを体験することができます。

ぜひ、おしゃれなランチ程度を、あなたの一番大事な資産である時間を生み出す超効率化ツールに対して投資して頂き、有意義な時間を手に入れてください。
 
闇雲な資料作成に溺れて、人生の時間を無駄に使い、疲弊してしまう現実をすぐさま変えるために、Twitter自動投稿の超効率化ツール+テレビ番組あいのりメソッドを是非活用してみてくださいね。
 

 
 
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


★取扱い仮想通貨が多いのでオススメ!★

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。